乾癬は体の中で起こっている

乾癬は、体の中の免疫システムが過剰に反応することで起こる病気です。

普段、私たちの体では、異物(細菌やウイルスなど)から体を守るために免疫システムがはたらいています。細菌やウイルスに感染すると免疫システムが活発になり、炎症が起こって熱や痛みなどの症状があらわれます。

乾癬では、この免疫システムが過剰に反応し、炎症を引き起こしやすい状態になっています。
火山に例えると、体の中にマグマだまりがあるような状況です。そこに刺激が加わることでマグマが流れ出て、皮膚や関節の症状としてあらわれます。

  • 普段、私たちの体では、異物(細菌やウイルスなど)から体を守るために免疫システムがはたらいています。細菌やウイルスに感染した場合、

  • 異物を排除するために、免疫システムが活発になります。

  • 免疫システムが活発になることで炎症が起こり、
    熱や痛みなどの症状があらわれます。

  • 乾癬では、この免疫システムが過剰に反応し、
    炎症を引き起こしています。

  • 火山に例えると、体の中にマグマだまりがあるような状況です。

  • そこに感染症や肥満、喫煙などの乾癬を悪化させる原因が加わることで、

    ※BMIとは、身長と体重で計算した体格指数のことです。

  • 炎症がさらに活発となり、
    乾癬の症状(皮膚や関節など)がさらに悪化すると考えられています。

乾癬を悪化させる原因は以下のようにさまざまです。

  • 肥満
  • 喫煙
  • 過度な飲酒
  • 季節によるもの(紫外線など)
  • 精神的ストレス
  • 感染症
  • 外傷 など

乾癬を悪化させないためにも、適切な治療に加えて日常生活を見直すことが大切です。