乾癬の種類

乾癬は、尋常性(じんじょうせい)乾癬(かんせん)関節症性(かんせつしょうせい)乾癬(かんせん)(乾癬性関節炎)、膿疱性(のうほうせい)乾癬(かんせん)乾癬性(かんせんせい)紅皮症(こうひしょう)滴状(てきじょう)乾癬(かんせん)の5種類に分類されます。乾癬の種類や患者さんの状態により、他の乾癬へ移行したり、併発することがあります。

尋常性乾癬

乾癬の中でも最も多く、日本の乾癬患者さんの約90%を占めます1)
皮膚が赤くなって盛り上がり(紅斑(こうはん))、その表面に銀白色のフケのようなもの(鱗屑(りんせつ))が伴います。かゆみには個人差があり、強いかゆみを感じる場合もあります。

皮膚症状は、頭皮や髪の生え際、肘や膝など、外部からの刺激を受けやすい部位に症状がよくみられますが、それ以外の部位にも症状がみられることもあります。
乾癬の病状が進むと、皮疹の数が増え、互いにくっついて大きくなります。

膿疱性乾癬

急な発熱とともに全身の皮膚が赤みを帯び、膿疱(白または黄色い膿をもつ小さな発疹)が多発します。発熱がなくても、全身のむくみや関節痛、倦怠感などがみられることもあります。発疹のあらわれ方によって、2つのタイプに分かれます。

汎発型
発疹・膿疱が全身に広がっている状態
限局型
発疹・膿疱が身体の一部にだけ出ている状態

全身に症状が出る汎発型膿疱性乾癬は重症度が高く、原因不明の希少疾患であり、厚生労働省特定疾患治療研究事業の対象疾患となるため、医療費の公的な助成を受けることができます。

関節症性乾癬(乾癬性関節炎)

乾癬の皮膚症状に加え、関節の腫れや痛みを伴います。乾癬患者さんの10~14%を占めるといわれています2)
痛みが出る場所は人それぞれですが、手指の関節や足趾(足の指)のほか、肘・膝・肩や腰などに出ることがあります。長期にわたり痛みが続くと関節が変形し、日常生活に支障が出る場合もあります。また、爪がはがれる、点状に陥没するなどの爪症状がみられることもあります。

関節炎の種類
  • 末梢関節炎:手足の関節に起こる炎症
  • 指趾炎ししえん:関節を超えて、手足の指1本全体が腫れる
  • 付着部炎:アキレス腱や足裏、かかとなどにみられる炎症で、痛みを伴う
  • 脊椎炎:首や背中に痛みやこわばりがみられることがある

乾癬性紅皮症について

乾癬性紅皮症は、乾癬患者さんの1%程度であるといわれています3)
乾癬の皮膚症状が広がった状態で、全身の90%以上が真っ赤になり、銀白色や雲丹様うんもようの厚い鱗屑がみられます3)。皮膚の働きが損なわれるため、体温調節ができなくなり発熱や倦怠感が生じ、入院が必要な場合もあります。

ただし、最初から紅皮症となる患者さんはまれで、適切な治療を受けていなかったり、薬剤・感染症などの影響を受けたりして尋常性乾癬が悪化し、紅皮症に移行するケースが多いといわれています。

滴状乾癬

滴状乾癬は、乾癬患者さんの約4%を占め、若年層に多いといわれています3)
尋常性乾癬の症状とよく似ていますが、皮疹が小さく、水滴のように全身にパラパラと出現することが特徴です。
風邪などの感染症をきっかけに、発症することがあります。治療により改善が見込めますが、再発を繰り返し、尋常性乾癬に移行する場合もあります。

写真提供:福岡大学医学部 皮膚科 教授 今福 信一 先生

  1. 1)飯塚一. 日本皮膚科学会雑誌. 2006; 116(9): 1285-1293.
  2. 2)Tsuruta N et al. J Dematol. 2019; 46(3): 193-198.
  3. 3)古江増隆 ほか. 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット10 ここまでわかった乾癬の病態と治療. 2016; 108-112.